革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

和包丁の種類

多彩な和包丁の種類について

和包丁はいろんな種類があります。欧米で調理に使われてきた刃物類を「洋包丁」と言うのに対して、昔から日本で使われてきた包丁を「和包丁」と呼びます。
和包丁は、素材に対してより使いやすく特化した進化をしてきた歴史があるため、洋包丁に比べると種類が多いです。
和食ではたくさんの種類の魚が使われてきたことから、様々な魚専用の和包丁があります。
「鮪包丁」、「鰻裂き」、「フグ引」、「鯉包丁」、「穴子包丁」、「鱧切」、「あじ切」、「鮭切」、「蛸引」、「貝裂」などがありますが、これらはそれぞれの種類の魚を解体したり、おろしたり、刺身に仕上げたりするのに使用される包丁です。
各種魚に特化した和包丁がありますが、一般的に魚を解体するために使われるのは「出刃包丁」、おろすのは「身卸包丁」、刺身をに仕上げるために使われるのは「刺身包丁」です。
また、巻き寿司をスライスするための「寿司切り」をはじめとして、豆腐、餅、寒天、スイカなどを切るための和包丁もそれぞれあります。
麺の生地を切るための「麺切包丁」も手打ち麺には欠かせない存在ですが、蕎麦にはまた蕎麦を切るのに特化した「蕎麦切包丁」があります。
とはいえ、これらは言うなれば業務用の和包丁、専門的な包丁です。
現代日本の一般家庭では、いわゆる「三徳包丁」一本だけですべての料理を済ませてしまうことが多いようです。
「三徳包丁」は「文化包丁」とも呼ばれる万能包丁で、刃が比較的薄い包丁です。野菜、肉、魚の三つを一本で処理できることから「三徳包丁」と呼ばれています。
「三徳包丁」の原型となったと言われているのが「菜切包丁」です。
「菜切包丁」は家庭で使われる野菜用の包丁です。かつてはどの家庭でも使われていたものですが「三徳包丁」にとってかわられ、今ではほとんど見られなくなりました。万能包丁として家庭で活躍してくれる三徳包丁、しっかりしたものを選んで、より料理を円滑にしてみてください。奥様、彼女への包丁の贈り物は選ぶものによっては喜ばれますよ。